FC2アフィリエイト
無料blog
FC2カウンター/ counter
Recent comments 最近評語
フリーエリア 1
プロフィール

Author:min
高齢家族が寝たきり寸前、死の一歩手前から、現在gymで筋トレ、アクアトレできるまでに完全復活。この体験から、健康の大切さを実感。
その際、米国、中国、台湾、韓国、カナダ、フランス、オーストラリア、シンガポールなど、世界中の友人達の励ましに感謝。weblogを通して、健康に感謝する気持ちを多くの方々と共有したいです!!
Dear friends,
Thank you for visiting my weblog! I hope you enjoy seeing photos, note, and travel info. I will welcome your comment or note to my email account you have. Keep in touch, Best, M

Recent Entries / 最近の記事
Calender 日暦
08 | 2011/09 | 10
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
Categories 範疇
アーカイブ
フリーエリア 2
フリーエリア

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サムスン撮影地、付岩洞 Buamdong, Jongno-gu

数年前の大ヒットドラマ「私の名前はキムサムスン」撮影地へ。

光化門から7022番バスに乗車。青瓦台をちょっとすぎた小高いところ。


buamdongseoul5


バスで10分ほど。

現地の大学生が、『評判の珈琲店に案内します』と。

バスを降りてみたら、見おぼえのあるバス停!

『サムスンのバス停!』 

このあたりがサムスン撮影地とわかり、珈琲店のことはどこへやら。

『サムスンの家』が見たくなった。バス停の周りを歩いてみると、とてもいい住宅地。

buamdongseoul4


buamdongseoul3


buamdongseoul2


buamdongseoul1


土地の傾斜に沿って住宅が。 高級住宅地という感じ。

夕方だったので『サムスンの家』探しはあきらめて、目的地の珈琲店へ。

店名は、”カフェエスプレッソ“。たくさんの豆に圧倒。生豆まである。

2階では、生豆を焙煎している、それにちょっとしたコーヒー博物館もある。


buamdongseoul6

珈琲店の後ろには、ソウルの城壁と門が。

市内にいくつかある門の内の一つ。

buamdongseoul7


その向かいには、小高い公園。住民が犬と散歩したりしている。

暗くなってきたら、なんとソウル市内がばっちり見える。

南山タワーも。

buamdongseoul8


思いもかけず、サムスン撮影地、付岩洞に来られて、ソウルの夜景も楽しめた。

  기쁨씨,당비씨,대단히 감사합니다.  

buamdongseoul9



Jongno-gu,Buamdong is the place where My name is Kim Samsoon was filmed. With local students, I arrived at Buamdong community center by bus #7022. It took about 10 minutes from Gwanhamun and Anguk area. I was asked for coffee at popular coffee shop recommended by students; however, the coffee shop was in Buamdong, Jongno-gu. We could not find the house that Samsoon was filmed but enjoyed seeing Samsoon’s neighborhood. The area is knows not only Samsoon drama but also Seoul’s great wall and Seoul’s overlooking city view. Coffee taste at Café Espresso was softened by interests of Samsoon but I would love to go back to Buamdong for strolling. I thank Kippum ssi and Dambi ssi for a good time at Buamdong.




にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村



スポンサーサイト

鍾路区平倉洞にある美術館 Kim Chong Yung Museum

区の北側には仁王山、北岳山など。

鍾路区の山間の美術館に出かけることにした。

鍾路区住民50年という日本語も英語もできるご婦人も一緒に出掛けることに。

タクシーで山を登っていくこと15分くらい。

Seouljongnopyonchang5


平倉洞到着。 この辺りは、豪邸が並ぶ。 こんな住宅街に美術館があるのかと。

あった。キム・ジョンヨン美術館。

キム・ジョンヨンは1915年生まれ、ソウル大学の後に東京芸大でも学んだ。

Seouljongnopyonchang1


没後20年経過したのち、遺族が美術館を建てたそうだ。

受付は娘さんが担当、建築家であるお孫さんもNYから来ていた。

展示物はこの日は彫刻、作品は入れ替えるということだった。

Seouljongnopyonchang4



Seouljongnopyonchang8



Seouljongnopyonchang7


美術館内部には、リビングルームのようなカフェもある。その隣には自然の滝が。

ソウル市内の喧騒から逃れて、自然に囲まれた素晴らしいところで、芸術と緑を楽しむ。

観光客はいない。美術館を訪れていたのも数人。

Seouljongnopyonchang2


とても静かな午後。

カフェで緑豊かな山と滝の水音でリラックス。心も健康に。


Seouljongnopyonchang6






Kim Chong Yung Museum locates in Pyonchangdong, Jongno-gu, 15 minutes away from Gwanhamun. Ms. Lee did not know this museum, so, she joined with me. After having kalbi soup at Nakwon dong, 1st floor of Fraser Suites, we headed to the museum. The area called Pyonchangdong and it was beautiful residential area in Seoul. You can find beautifully designed houses that often appeared in Korean dramas. I noticed passing a house showed in Stairway to Heaven nearby Kim Chong Yung Museum. At the museum, meeting with a grandson of Artist Kim from New York was interesting because he shared some stories of his grandfather and his creativity of artworks. A daughter of artist Kim also shared and introduced his father’s artwork. I would like to see his calligraphy and water color sometime in my future visit.





にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


Weblog ranking
にほんブログ村 旅行ブログへ にほんブログ村 健康ブログへ にほんブログ村 料理ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ
Links & Favorite
Link free , リンクフリーです。
Affiliate Program 1
ブログ内検索
contact

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Affiliate Program 2
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。