FC2アフィリエイト
無料blog
FC2カウンター/ counter
Recent comments 最近評語
フリーエリア 1
プロフィール

Author:min
高齢家族が寝たきり寸前、死の一歩手前から、現在gymで筋トレ、アクアトレできるまでに完全復活。この体験から、健康の大切さを実感。
その際、米国、中国、台湾、韓国、カナダ、フランス、オーストラリア、シンガポールなど、世界中の友人達の励ましに感謝。weblogを通して、健康に感謝する気持ちを多くの方々と共有したいです!!
Dear friends,
Thank you for visiting my weblog! I hope you enjoy seeing photos, note, and travel info. I will welcome your comment or note to my email account you have. Keep in touch, Best, M

Recent Entries / 最近の記事
Calender 日暦
11 | 2016/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
Categories 範疇
アーカイブ
フリーエリア 2
フリーエリア

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シドニーの町並み British(?) Singaporean (?) styled houses

ぶらぶら歩いて写真をパチリ。

これらの家々、シンガポールで見たものと良く似ている。

house-2.jpg

シンガポールは英国植民地だったところ。

豪州もシンガポール同様、英国植民地だった。

英国には行ったことがないので、なんともいえないが、家のデザインは英国の影響?

米国東海岸でも、Queen Ann, Georgian, など英国と関係ありそうな家のスタイルを良く聞く。

このあたりはシドニー中心街からちょっと離れた住宅地。

こんな家々が並んでいるあたり。

SFだったらこのような家々をタウンハウスと呼ぶけれど、ここでは何というのか。

建物には建築された年が1870年とある。

100年以上の歴史を見てきた家々。

移民が、故郷を懐かしんで建てた家。 

そんな気持ちを感じさせた。

house-5.jpg

house-8.jpg

house-7.jpg

house-1.jpg

house-3.jpg

This area is called Darlinghurst located east from CDB probably 2-3 kilometers. The approach to the area recalled me of Telegraph Hill area in San Francisco. I walked around this area a lot during this time in Sydney. I came across the art galley, Robin Gibson Galley on Liverpool Street and their exhibition when I visited interesting. It was good opportunity meeting locals and especially knowing about local artists on reception of the exhibition. The owner of the galley, Mr. Robin Gibson was friendly and the architecture of his galley was worth visiting.
When you have time visiting Sydney, please enjoy walking outside of CDB finding uniqueness.

R O B I N G I B S O N G A L L E R Y
established 1976
278 Liverpool Street Darlinghurst Sydney NSW 2010 Australia
612 - 9331 6692 Tuesday/Saturday 11am-6pm www.robingibson.net


>FC2 Blog Ranking

人気ブログランキングへ
banner_02.gif

にほんブログ村 旅行ブログへ


テーマ: 風景写真
ジャンル: 写真

タグ: Darlinghurst British CDB galley Liverpool 英国 植民地 Robin Gibson

コメント

No title

日本の家屋とは違いますが、歴史を感じます。
なんか古びたロゴに侘び寂ではなく、格好よさを感じちゃいます。
渋いっ!(^_^*)

No title

いいですね、このたたずまい。歴史を感じさせてくれて。フランスでも旧植民地国には、独特の雰囲気があるようです。

No title

どの家も雰囲気があって素敵ですね
2階の手すりがそれぞれ華奢な感じの造りで、
模様がとても綺麗ですね^^

純和風の日本家屋とはまた違った古風な
味わいがあって、建物は見ていて飽きないですよね^^
拍手応援ポチ

No title

建物はその国の風土を象徴するんでしょうか。
1870年ってすごいですね。
きっと地震とかが少ないのでしょうね。

100年以上・・・

そんなに長い時を経てきた建物なんですねぇ。
何だか「今」を感じさせる表情の家なので、
時間の流れがちがうのかなぁと思ってしまいそうです。

そういえば、今日尋ねていった伯父の家は、
同じ頃(1850年頃)建てられた木造家屋です。
茅葺き屋根がトタン葺きになり、
木の雨戸がサッシに変わっていますが、
柱や梁は昔のままで、家自体が呼吸しているような気がするので、
つい、のんびりくつろいでしまう杏月です(*^_^*)

No title

こんばんは

17世紀当時の面影を残すシドニー~美しい街ですね!思い出しながら、「シドニーの町並み」を拝見させて頂きました・・さんきゅです
http://www.tomy2.net/geotravel.html

ご案内です
四季の風ブログに、「百合の花」をアップしています、
お時間の許される時に 見てね ぽっちん もよろしくね~

No title

この形と姿はイギリス風の建物ではなくて、コロニアルスタイルの建物ですね。
インドに行っても、あると思いますよ。特に2と3番目はモーリシャスにもあって、彼の地の古い建物はみなこんな感じです。
モーリシャスは、アフリカの島で、イギリスの植民地でした。
つまりイギリス統治時代の植民地の建物はみな同じ建造スタイルです。
古きよき時代の建物でしょうか?良いかどうかは疑問だけれど~ ^-^;

こんにちは~

イギリスでもロンドンの街中なんかは、家と家がくっついていて、こんな感じでした。でもレンガや石の色がもっとはっきりしていたような記憶です。でもこんなベランダがあったかな?なければ洗濯物はどこにほしてたかな?もう17年前なのであやふやです。

最後から2番目の写真は、日本かと思ってしまいます。電柱とか、車が左を通るとこなんか♪

遅くなりました。梅雨時、体を大切に!!

凪々@外出中 さま
こんにちは。
こんな家はなんと呼ぶのでしょうか。
こんなに古くても、内部はきれいなのか。見てみたかったです。

カトリーヌ・マルタン さま
フランスの植民地では、どんな建物なのでしょうか。
見てみたいです。
この建物、日本で言うと長屋ですね。

やまねこ さま
そうですね。手すりがレースみたいでおしゃれだと思いました。
素敵な装飾になっていますね。

ギューくん さま
地震、そうですね。地震があったら崩れそうですね。
木造のようには見えないし。
きっと地震がないんでしょうね。


杏月 さま
木造で100年以上とはすごいですね。
それも湿度の高い日本で。
日本では、すぐ立て替えるというイメージがあるので。
貴重ですね。歴史のある建物もっと大事にしたいですね。

tomy2 さま
みました!! シドニーの写真もあったんですね!!
Tomy2さん、いろいろなところへお出かけなんですね。
エアーズロック、実際に見たらどのくらいの大きさなのか!!!

Panipopo さま
>コロニアルスタイルの建物ですね。
なるほど。なるほど。
このような建物が世界中いろいろなところにあるんですね。
他の国でも見てみたいです、機会があったら!!

京都ふらり さま
日本ではくっついている家、あまり見ません。
SFは、くっついている家がほとんど。日本人には違和感がありました。
でも、この写真の場所もみんなくっついている家。

No title

100年以上ですか・・・すごいですね♪
建物って、その国々のデザイン、歴史などが感じられていいですよね♪
このような写真を拝見すると、日本家屋が減ってきている日本を残念に思ったりします。

No title

歴史を感じますね~~~♪
建物も風情があって素敵だわ☆

釣鐘草

minさん こんにちは
>はじめて知りました。此花の名前~
いつもご覧頂き 嬉しいです  さんきゅ~です
当地は、活発な梅雨前線による大雨で、がけ崩れ、道路冠水が相次ぎ、当分警戒が必要です・・
四季の風ブログに「釣鐘草」 をアップしています、見てね! ポッチンもね

今週もお元気で!!

いちごとみるく さま
>日本家屋が減ってきている日本を残念に思ったりします。
本当にそうですね。
台北では、高層ビルの間に古い日本家屋が残っていて驚きました。

みんりん さま
日本は地震があるし、また湿度も高いので、住宅の寿命が短いのかも。
明治大学の重厚な校舎がなくなったとき、とても残念に感じました。

tomy2 さま
いつも新しい名前、それも難しい!!! 
梅雨はむしむし、嫌いですが、花は活き活きしているように見えますね。

No title

こんばんわ。「ケロのアルバム」のケロでございます。

いろんなところに、行かれているのですねぇ。
つらつらと写真たちを眺めていたら、古い建物好きの私には、この記事が目にとまりました。
一番下の建物なんて、本当にステキ!
この記事の冒頭にある、「ぶらぶら歩いて写真をパチリ」というのが、私も大好きであります♪

No title

ケロ さま
>つらつらと写真たちを眺めていたら、古い建物好きの私には、この記事が目にとまりました。
ありがとうございます。
すぐ新しくなってしまうので、古い建物がかえって新鮮にうつります。
非公開コメント

Weblog ranking
にほんブログ村 旅行ブログへ にほんブログ村 健康ブログへ にほんブログ村 料理ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ
Links & Favorite
Link free , リンクフリーです。
Affiliate Program 1
ブログ内検索
contact

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Affiliate Program 2
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。