FC2アフィリエイト
無料blog
FC2カウンター/ counter
Recent comments 最近評語
フリーエリア 1
プロフィール

Author:min
高齢家族が寝たきり寸前、死の一歩手前から、現在gymで筋トレ、アクアトレできるまでに完全復活。この体験から、健康の大切さを実感。
その際、米国、中国、台湾、韓国、カナダ、フランス、オーストラリア、シンガポールなど、世界中の友人達の励ましに感謝。weblogを通して、健康に感謝する気持ちを多くの方々と共有したいです!!
Dear friends,
Thank you for visiting my weblog! I hope you enjoy seeing photos, note, and travel info. I will welcome your comment or note to my email account you have. Keep in touch, Best, M

Recent Entries / 最近の記事
Calender 日暦
11 | 2016/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
Categories 範疇
アーカイブ
フリーエリア 2
フリーエリア

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

旅行傷害保険 も要注意!!  

数年前の経験から。

日本からハワイへ向かう途中。サンフランシスコへ4日滞在しました。

家族の一人が、急に体調が悪くなり、医療機関に行くことに。
JTBで購入した旅行傷害保険の手帳から、ホテルの近くの医師を探し、行きました。

医者がいません!!! そのクリニックも開いていません!

JTB保険に書いてあったサンフランシスコオフィスの1-800(無料)番号に電話。

オフィスの住所は、ダウンタウンなので何とか助けてほしいと必死に頼むも、まったくつれない返事。

急病人はおなかが痛いというし、また、行った先のビルではトイレも鍵がないと入れないようなところ。

幸いにも私たちの窮地を察してか、たまたま開いていたMRIの事務所の米国人女性が、トイレに案内してくれた。

再度、JTBの保険事務所に電話。
そこで、なんと彼女たちは電話をテキサスで受けていることが判明! 
それならそうとさっさと正直に言えばいいのに。そこで、大いに無駄な時間を費やした。
そこで、JTBに頼っていられないので、自分の判断でタクシーに病人を乗せて、大きな病院に運んだ。

病院の救急へ。受診する前に、書類に記入。

まず、体温など基礎的な検査。レントゲン、血液検査、などなど。病院には丸1日滞在した。

結果、飛行機の機内食にあたった腹痛、加えて、細菌が原因、幸い深刻な状態ではなかった。

病院からの帰り、ドラッグストアで薬を購入。

一安心した。

そこで考えた。海外傷害保険は何だったのか。
おすすめの病院などとリストを作っておきながら、医者はいない。
SFオフィスなどといっておきながら、実際は電話転送でオフィスはテキサス! 
来れるわけがない!

患者の容体が腹痛で終わったが、そうでなかったらと思うと、怒りがこみ上げてきた!

帰国後、JTBの旅行保険会社から電話あり。『書類を送ったので、記入して送り返すように』

そこで、文句を言ってやった。『冊子に書いてあることはうそじゃないですか。事務所はSFにはなくテキサスだったし。推薦医療機関も開いていないし』

後日。管理職と他1名でやってきた。

謝っていたが、急病時のために保険を購入していくのに、その保険がこれでは、とても安心にならない。

思ったことは、言葉ができたから、よかったのであって、言葉が通じない国だったらと思うと、今でも“ゾッ”とする。

>FC2 Blog Ranking
 


テーマ: 海外旅行
ジャンル: 旅行

タグ: 米国 サンフランシスコ カリフォルニア州旅行傷害保険 病院 海外医療機関

コメント

非公開コメント

Weblog ranking
にほんブログ村 旅行ブログへ にほんブログ村 健康ブログへ にほんブログ村 料理ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ
Links & Favorite
Link free , リンクフリーです。
Affiliate Program 1
ブログ内検索
contact

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Affiliate Program 2
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。