FC2アフィリエイト
無料blog
FC2カウンター/ counter
Recent comments 最近評語
フリーエリア 1
プロフィール

Author:min
高齢家族が寝たきり寸前、死の一歩手前から、現在gymで筋トレ、アクアトレできるまでに完全復活。この体験から、健康の大切さを実感。
その際、米国、中国、台湾、韓国、カナダ、フランス、オーストラリア、シンガポールなど、世界中の友人達の励ましに感謝。weblogを通して、健康に感謝する気持ちを多くの方々と共有したいです!!
Dear friends,
Thank you for visiting my weblog! I hope you enjoy seeing photos, note, and travel info. I will welcome your comment or note to my email account you have. Keep in touch, Best, M

Recent Entries / 最近の記事
Calender 日暦
11 | 2016/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
Categories 範疇
アーカイブ
フリーエリア 2
フリーエリア

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

体温が違う!日本人とアメリカ人  Body temperature

アメリカで医者にかかる時、体温のことでいつも問題に。

平均体温が36度以下の人間が、37度の発熱で、医者に行きます。

数年前の年末、熱っぽく口唇ヘルペスが出てきそうな感じがし、すぐ病院に。

最初に言われたのは、 『熱はない』。

『保険会社に保険適用になるか聞け』 といわれます。

アメリカの病院で使用されている体温計は、オムロンなどほとんど日本製です。

看護師さんは変換表を使って、華氏(F)で体温を知らせようとしますが、見てわかりました!

体温は、37.3度。 

アメリカ人は体温37度では、発熱とみなされないそうです。

知人の米国人医師達に、日本人とアメリカ人の体温の違いのことを話しました。

東海岸や中西部・南部の医師達は、このことについて知りませんでした。

『そうなの?』 『知らなかった』 『へー』 と、一流医大出身でもこの返事。

西海岸の米国人医師達は、この体温の違いについて数名、知っていましたが。

困るのは、“体温説明” をクリアしないと診てもらえないのです。

体温が低い者にとって、具合が悪いときに、このことはとても厄介に感じます。


Body temperature between Japanese and American are not the same. Japanese consider over 37 degrees in Celsius fever, therefore, we see a doctor.
Through few times of my experiences in the States at hospitals or private clinics with 37 degrees made troubles. Before seeing doctor, nurse checked my temperature and it was 37 degrees. As my temperature was checked 37 degrees, office people advised me for contacting insurance company for expense coverage.
It is very much troublesome for person with fever, low body temperature, and wants to see a doctor right away in the States. Not many MDs there know body temperature of Japanese is lower than Americans.



にほんブログ村 料理ブログ 健康食へ

ブログランキング・にほんブログ村へ
>FC2 Blog Ranking






テーマ: 健康
ジャンル: ヘルス・ダイエット

タグ: 体温 発熱 米国 body temperature fever insurance hospital clinic

コメント

わかります

私もアメリカにいたときに同じ経験をしました。みんな平熱が高いので、私にとっての37℃は立派に発熱なのにそう思ってくれなくて。。。
ヨーロッパ人も体温は高めなので、白人と黒人はたぶん体温が高いんだと思います。

ここの漢方の先生に言わせると、白人は冷え性の人は、ほとんどいないらしいですよ。そりゃそうですよね、平熱が高いから。

No title

こんばんは♪
強い寒波の影響で当九州地方は、各地で氷点下を記録し、大分鶴見岳では真冬の風物詩、霧氷も観測されています~ぶるぶるです
四季の風・ブログに、満作 (まんさく) を更新しています 見てね

No title

えーっ、知らなかった
体温の差って個人差だけじゃなかったの
人種なのか?食べ物なのか?環境なのか?
そういうのであるのでしょうかねー?
僕は38℃を超えないと感じない鈍感な身体の持ち主です

No title

なるほど。。。
私は、平熱は35度台ですが、最近熱が出ると39度台まで上がることがしばしば・・・
空も大地もグルグル回ります。(◎_◎)

No title

こんばんは。
そうなのですね。
アメリカ人と日本人では平熱が違うのですか。
熱があってもアメリカでは熱がないと診断されるのは、ちょっとつらいですね。
でも勉強になりました。
これは他の国でも同じような事が起こるのですかね。
ポチッと!

ぶるぶる

ほほ~(@_@;) なるほど!
体温って人種で違うのですね。
私は日本人の中でも体温が低いので、
36℃台でも、後半だと発熱です!
38℃近く出た時は、
手の震えがとまらないほどでした(>_<)
外国で病院にかかるときはいろいろと
やっかいですねー。。。

No title

人種によって体温って違うものなんですネ!
同じ人間だから同じだと思ってましたよ~
私も平熱は36度ないので、
それで37度出ると頭がくらっとします。
それにしても、
体温計が日本製で、いちいち華氏に変換するのって面倒でしょうね。^^

No title

初めて知りました!!!
私も低体温気味なので、アメリカでは不利かも。。。。
って、海外に行く予定はありませんが。。。(笑

そうなんですよね

おはようございます。
アメリカ人は体温が高いとは聞いていました。
しかし、自分が37台の微熱できついよ~と言っても熱扱いされないのはちょっと辛いかも・・・。
4月にフェニックスに行って来ます。その頃は暑いし、みんなキャミにサンダルよ、なんていわれるけど、絶対会場はクーラーバンバンで、冷え性の私には酷だろうな・・・。しっかりは折れるもの持って行かないと。

No title

え、そうだったんですか!?,まだブラジルの病院へ行ったことがありませんが、やはり体温の近い日系のお医者さんに診てもらう方が良さそうですね。 僕の平熱は36.5℃ですが、5月にカイピリーニャの飲み過ぎと寒波で風邪を引き、40℃を超える熱が出て苦しみましたが、効き過ぎる現地解熱剤を服用した為、35℃代へ急落、今度は起き上がれなくなってしまい、大変な思いをしました(泣)。

勉強になる....

minさんこんにちは。

この間はバターについての質問に
お答え頂いてありがとうございます~。

今回の記事も勉強になりますねぇ~
って、いうか、これは困っちゃう問題ですね。

具合悪いのに、色々説明しないと
理解して貰えないなんて、つらいっっ。

ぽちっ

No title

私も平熱が35・2℃と低いんで、日本でも子供の頃から37度でフラフラでも休ませてもらえませんでした。
無駄な医療はしないアメリカらしいですね。
冬でも半そで短パンでうろうろしてる白人、納得です。まず保険会社に、というとこも日本の医療と大きく違うところですよね。かなりシビアに感じますが、この業界で働いていると、日本も取り入れるべきと思うことが多々あります。

温かくお過ごしください!!

Panipopo さま
>白人は冷え性の人は、ほとんどいないらしいですよ。そりゃそうですよね、平熱が高いから。
やはりそうでしたか! これは気になっていました。

tomy2 さま
寒いですか。九州は暖かいイメージですが。
こちらも寒い!!毎日スープです! 
温かく、健康保ってくださいね!

M さま
>人種なのか?食べ物なのか?環境なのか?
体温差に関しての医学論文はあるのでしょうか?
流氷は見ているだけで、私はぶるぶるしてしまいます!

凪々 さま
くれぐれも発熱しませんように。
体調に気をつけて寒さを乗り切りたいですね。

Motophoto さま
>これは他の国でも同じような事が起こるのですかね。
南方の国の人の体温は、どうなんでしょうか。興味あります。

Dairu さま
>36℃台でも、後半だと発熱です!
私も同じです。
この体温問題、具合が悪いときに早く見てもらいたいのに、毎回、イヤになります!

やんやん さま
>人種によって体温って違うものなんですネ!
どういうメカニズムなんでしょうか?
米国人と一緒だと夏はクーラーがんがんで私はぶるぶる、冬は私が暖かいレベルに暖房を調節すると、暑がるし。

みんりん さま
>私も低体温気味なので、アメリカでは不利かも。。。。
具合が悪いときに説明しなければならないので、余計、エネルギー使うような気がします。

毛糸のパンダ さま
>自分が37台の微熱できついよ~と言っても熱扱いされないのはちょっと辛いかも・・・。
そうなんです。この口唇ヘルペスのとき、11時に病院に行って終わったのは、5時。
もう疲れきってしまいました。
会議などの場合、クーラーはがんがんです。私がちょっと寒いなくらいは、彼らのものすごく暑いレベルです。彼らのちょうどいいレベルは、私にはシベリアです。

yukun588 さま
ブラジル人は体温はどうなんでしょうか。興味あります。
病院に行く機会がありましたら、ぜひリポートお願いします。
日系人の体温気になります。意外と現地に同化しているのではというのが私の仮説ですが。

Kyoko007 さま
>具合悪いのに、色々説明しないと
>理解して貰えないなんて、つらいっっ。
具合が悪くないときならばいいんですが。本当につらいと思ったときありました。

ネル・ソン さま
>冬でも半そで短パンでうろうろしてる白人、納得です。
本当にそうですね。あの温かさ、冷え性としてはうらやましいです。



低体温

人種で体温が違うとは面白い。
タイ人の体温はわかりませんが、皮膚の表面温度は、とても冷たいです、爬虫類みたい。
それにしても、日本人の低体温症が増えていますねー、免疫力も落ちるし、問題だと思うんですが・・・。
生活習慣によるらしいですが、しかし、食生活だとしたら、欧米人の方がよっぽど乱れていると思うんですけど、、、ストレスもありますかね。
ちなみに私は、40度でも会社に行って、しっかり食事もできるので、ちょっとアメリカン?
もう記憶にないほど風邪をひいてませんが・・・。

No title

そうなんですね!!
いつもminさんブログで勉強させてもらってます(笑)

No title

体温が高いから、動物性タンパク質を多少日本人より多く摂っても平気なんですね。
脂肪が溶けますからね。
日本人の身体はたくさんの動物性脂肪が溶けにくい身体なのかもしれませんね。

No title

minさん、おはよ
へぇ~~~~!でした。
やっぱり、海外で、暮らすのには、
いろいろやっかいなことがありますね。
わたしは、平熱がめっぽう低いので、
37度で、変調を感じます・・
しかも、英語ができなくて、説明できないと・・・
想像すると、私は、日本にしがみついて
いることにしますね(笑)

ええ!

minさん、おはようございます('-^*)/

人種で体温が違ったりするんですか~( ゚д゚)
でもそういわれると納得出来ますね。
確かにアメリカの方は…みるからに体温がたかそうな…(笑)
テンションの高い、陽気なアメリカ人のイメージがあるからかしら?(^^;σポチッ!×3

No title

食生活の違いもあるのでしょうね~。
体温が高いと言うことは、その分カロリーを消費していると言うことになりますから、
そこら辺からしても・・・
日本人に比べてアメリカの方のほうが燃費かかっているのでしょうね(笑)

No title

そうそう!私も平熱36度以下だから37度を越えた時の辛さを分かって貰えません。職場(デイケア)の子供が37度あっても特別なケアをしない同僚達に最初は驚きました。

No title

minさん
コメントありがとうございました
個人差だけでなく、人種によって体温に差があることは知りませんでした
私の体温は36.5度くらいですが・・
子供や主人は35.5度くらいです・・
私だけちょっと高いみたいです・・
また、訪問させていただきます

遅くなり、すみません!!!!!

☆青☆ さま
>タイ人の体温はわかりませんが、皮膚の表面温度は、とても冷たいです、爬虫類みたい。
そうなんですか。体温自体は何度くらいなのか、知りたいです。
表面温度が低いということは、汗で体温調節をしているからでしょうか。

まゆみ さま
自分が37度で発熱状態なので、これにはいつも困るんです。
他国、他の人種のことも知りたいです。

Tomy さま
>体温が高いから、動物性タンパク質を多少日本人より多く摂っても平気なんですね。
なるほど。体温の違いは、遺伝子なんでしょうか。
興味がわいてきました。

シルク さま
>37度で、変調を感じます・・
同じです。
米国では、友人達からも『“タイレノール” (風邪・発熱に効く薬)でも飲んでいればいい。』といわれてしまい、苦しさをわかってもらえません!! 

みぃち さま
>確かにアメリカの方は…みるからに体温がたかそうな…(笑)
この観察は面白いです!!!!!
陽気さと体温、関係があるのかもしれませんね!!

わがつく さま
>体温が高いと言うことは、その分カロリーを消費していると言うことになりますから
面白い!! なるほど!! 
勉強になりました。

あゆみ さま
>私も平熱36度以下だから37度を越えた時の辛さを分かって貰えません。
あゆみさんも、そうですか!!
人種で違うんでしょうか。
辛いものを食べる韓国人の体温はどうなのか、気になってきました。

スライムまま さま
ありがとうございます。
>個人差だけでなく、人種によって体温に差があることは知りませんでした
米国での比較しかわかりませんが、他国、他地域では、どうなのか興味を持ちました。
 

こんにちわ

私は逆で、平熱が37度なので小さい頃はよく熱っぽいふりをして注射をサボっていました。

その代わり熱が出ると40度を超えることも珍しくないので危険なのかも。

アメリカに住んで初めて、保険証のありがたさが分かりました・・・

No title

同じ駐在員の先輩に聞いたら、平熱が35.2℃だと言われて驚きました。 
僕は36.5℃ですし、職場の白黒黄色のガイジン達に聞いても、36~37℃でした。
彼らの認識も人類の平熱は36.5℃だと言っていました。
ブラジルの病院でも37℃程度では微熱で、早く寝なさい程度の診たてになるそうです。

どうやら、日本人に低温症の人が多いというのが真相の様な気がしますね。

体温の違い、奥が深そうです。

Stacy さま
>私は逆で、平熱が37度なので小さい頃はよく熱っぽいふりをして注射をサボっていました。
なるほど。予防注射は熱があるとできませんよね。
コメント欄で、いろいろなことを聞くことができ、体温についてもっと知りたくなりました。

yukun588 さま
>ブラジルの病院でも37℃程度では微熱で、早く寝なさい程度の診たてになるそうです。
そうですか! ブラジルは日本に近いということですね。
米国人のように、体温が高いのかと思っていました。
これ以上は、医学の分野でしょうか。体温について、地域、人種、環境などで、異なること、興味深いです

No title

人種とかで体温が違うっておもしろいね。
私はイタリアでも平均体温が高くて、37度ぐらい(子供みたいだね・笑)。
普通の人は運動をして体温を高くして脂肪やカロリーを減らすけど、私はもともと体温が高いから他の人より太りづらいよ。
ダイエットをしすぎている人は体温が低いよ。

平均体温が36度以下って、少し心配と思うけど...(普通?)
日本料理ってカロリーが少ないし、燃やす脂肪が少ないから、日本人は体温が低くても大丈夫なのかもね(常にダイエット中の感じ・笑)。
アメリカはカロリーが多い印象だから、たくさん減らすために、体温が高いというのはわかるよ。

体温の違い、不思議です!

マリ さま
>人種とかで体温が違うっておもしろいね。
本当にそうですね。どうしてなんでしょう???
遺伝子ですかね? 
>私はもともと体温が高いから他の人より太りづらいよ。
それはいいですね!!!! 
日本料理は燃やす脂肪が少ない、確かにそうですね。
長い間の食習慣が、体温にも影響しているのか・・・・。皆さんのコメントを読んで、ますます興味がわいてきました!

勉強になりました

こんばんは♪
今日は私の拙いブログに遊びにきてくださり、またコメントをいただき、
有難うございました♪

初めて遊びにこさせていただきましたが、
とても美味しそうなお料理と、身になるお話しがたくさん!
語学の勉強にもなりそうですね(^0^)

体温の話。知らなかった~。とても勉強になりました!

また、遊びにきますね☆
是非、また遊びにいらしてくださいね!お待ちしています☆

No title

いちごとみるくさま
ありがとうございます。
update楽しみにしています。
こちらこそいろいろなことを知ることができ、うれしいです。
非公開コメント

Weblog ranking
にほんブログ村 旅行ブログへ にほんブログ村 健康ブログへ にほんブログ村 料理ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ
Links & Favorite
Link free , リンクフリーです。
Affiliate Program 1
ブログ内検索
contact

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Affiliate Program 2
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。